はじめての方リサイクルトナー・リサイクルインク販売トップ
インクジェットプリンター用 ユニバーサルインク UNIVERSAL INK リフィールインク 詰め替えインク 詰替えインク 詰替インク 詰換えインク つめかえインク エプソン EPSON キャノン キヤノン CANON ヒューレットパッカード HP レックスマーク LEXMARK ブラザー BROTHER 富士ゼロックス FUJI-XEROX 富士通 FUJITSU リコー RICOH インクジェットカートリッジ再充填用インキ カートリッジ再生 リサイクル 再利用 リユーズ
詰替インク・トップ商品紹介ご注文〜お届け迄の流れご注文
使用可能機種・カートリッジ品質保証サポートよくある質問サイトマップお問合せ


 

≪ユニバーサルインク|汎用詰め替えインク富士ゼロックス製プリンター使用可能機種・カートリッジ一覧表
 

つめかえ” は、環境にやさしいリサイクル

富士ゼロックス / FUJI XEROX

  この商品は、詰め替えインク(リフィルインク)です。ゼロックス社とは一切関係ありません。

全カートリッジに使用できる場合は、機種名で表示してあります。
一部カートリッジに使用できない機種では、使用できるカートリッジ名を表示してあります。

※商品に同梱の取扱説明書における解説ページを掲載してあります。
  「別刷」 は、取扱説明書の印刷後に追加・補足があるものです。
    ご注文時に、メーカー・機種名及びカートリッジ名をお申し付けください。

機種名 取扱説明書
ページ
機種名 取扱説明書
ページ
カートリッジ名 取扱説明書
ページ
カートリッジ名 取扱説明書
ページ
JetWind E40

P48

JetWind 500C

P48 L120 black NS

P48

L121 color QS

P48

JetWind 600C

P48

JetWind 610C

P48

J893 black ND

P48 J894 color QD

P48

JetWind B70

P49

JetWind B70N

P49

J881

P44

J882 P44
WorkCentre 450C P44/P46 WorkCentre 1150J

P48

J883

P44

P884

P44

WorkCentre 1151J

P48

WorkCentre 1152J

P48

J879

P46

ICK10K(ICP50PK)

P49

WorkCentre 2150J

P49

 

 

ICC20M(ICP60PC)

P49

ICC30Y

P49

        ICC40C(ICP70P) P49 8R12591(米国仕様) P45
        8R7903(米国仕様) P47 8R7904(米国仕様) P47

  • ユニバーサルインクは染料インクですが、顔料インクカートリッジにもご利用いただけます。

  • 掲載の機種・カートリッジ以外への利用につきましては、適合を確認できておりません。
      (詰め替え方法のご案内は提供できず、動作保証もありません。)


上表のプリンター機種・各カートリッジに共通してご利用いただけます。
  詰め替えインクをご利用になられる色に応じてご選択ください。
     下記以外の色につきましては、純正品カートリッジをご利用ください。

ブラックのみにご利用の場合

詰め替えインク・ブラック詰め替えキット/ユニバーサルインク 詰替インク つめかえインク
ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー
4色にご利用の場合

詰め替えインク・4色スターターキット/ユニバーサルインク 詰替インク つめかえインク
ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー
フォト(ライト)シアン、フォト(ライト)マゼンタ
6色にご利用の場合

詰め替えインク・6色スターターキット/ユニバーサルインク 詰替インク つめかえインク
ブラック詰め替えキット 4色スターターキット 6色フォトスターターキット

インク詰替え作業は、とっても簡単!
 @インク注入穴を探すか、無ければ穴を開けるだけ。
   ・穴が小さいタイプのカートリッジでは、商品に付属のネジ釘で広げます。
   ・穴が無いタイプでは、付属のネジ釘かお持ちのキリなどで穴を開けてください。

 A次に、インクを専用注入器で少しずつ注入するだけ。
   ・カートリッジ内部にスポンジがあるタイプは、インクを浸透させますので時間が必要です。
    カートリッジの使用状況によっては一晩寝かせた方が良い場合もあります。
   ・カートリッジ内部にインク袋があるタイプでは、注入器を差込み過ぎて破らないように注意が必要です。
   ・小さな容器の小さな穴に注入しますので、吹きこぼれないよう根気は必要です。

 B後は、穴をシールするだけ。
   ・穴を開けたタイプでは、インクが漏れないように、しっかりシールしてください。
    シールは付属してありますが、市販の接着剤やセロテープなどが必要な場合もあります。

 C注入器に残ったインクは水で洗い流すだけ。
   ・洗ったら、押したり・引いたりの動作を行なってください。
    直ぐに乾きますので、次の色を詰め替えてください。
 Dうっかり手が汚れたら・・・
   染料インクですから、水で洗い流せば簡単に落ちます。

≪ご理解いただきたい事柄≫
 簡単ではありますが、次のような細かな作業を注意深く行う時間と根気が必要です。
  ・硬いカートリッジに、削りクズが入らないように、注入器の針先が入るだけの小さな穴を開ける。
  ・小さな穴に、インク漏れを生じさせないよう、ゆっくりと、少しずつ注意深く注入する。
  ・注入器を洗い、乾かし、次の色を注入する。
  ・インクが漏れないように封止する。
  ・作業に失敗しますと、カートリッジを使用できなくなったり、インクを無駄使いすることもあります。

 純正インクと色配合が微妙に違いますので、プリンターメーカー間差、機種間差程度の色調の違いはあります。


≪カートリッジにも寿命があります≫
 詰め替えは、元々使い捨てカートリッジの延命策です、消耗が著しいなど再利用できない場合も有り得ます。
 無限回数利用できるわけではありません。 カートリッジ種類、印刷の使用状況などによって寿命は異なります。
 全カートリッジの総平均は大雑把には3〜5回程度とお考えください。寿命になったら純正品カートリッジが必要です。
 このため、純正品の未使用カートリッジを予備としてお持ちで無い場合には、ご注文はご遠慮ください。

 また、インクが切れてから日数が経ち乾燥してしまったカートリッジは、殆どの場合において詰め替えてもインクは出ない、
 あるいはインク漏れなどで、プリンタートラブルを誘発する恐れが高くなりますので、ご利用になられないようご注意ください。

≪トラブルについて≫
 プリンタやカートリッジなどの不調で印刷できなくなることもあると思われます。
 この状態をインク切れと思い込んでインクの詰め替えを行っても印刷はできません。
 プリンタの取扱説明書、メーカーのホームページなどをご覧になられてのご対応をお願いいたします。


ねっとコンビニ
パソコンスクール & オフィスサポートのPC99NET≪パソコン救急ネット≫